カロリミット 副作用カロリミットを飲むことで食べたいものを我慢せずダイエットができますが、副作用が起きることがありとても危険です。下痢や便秘などの副作用が起きないようにする方法をお教えするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

副作用が起きた人の口コミ

カロリミットを飲んで、副作用が起きてしまったという人の口コミを少しだけ紹介しますね。

口コミ①

カロリミットを飲んでいる友人が3kgも痩せたと言っていたので、試しに購入。

わたしの場合、飲むと便秘になってしまい痩せるどころか体重が増えてしまいました!

飲むのを止めると2日くらいでお腹の調子が戻りますが、便秘の副作用が怖いのでもう二度と飲まないです。

口コミ②

カロリミットを1か月くらい飲み続けていますが、ずっと下痢状態で辛いです。

便秘気味の人なら嬉しい効果かもしれないですが、もともと快便の自分には合いませんでした。

下痢の副作用が怖すぎるので、リピートはしません。

成分を確認する

下痢や便秘の副作用が出るなんて怖いことですが、副作用が起きないようにする方法があるので安心してください!

カロリミットには食事の糖、脂肪の吸収を抑える成分がたっぷり配合されています。

これらの成分は人によって体質に合わない場合があり、飲むことで強いアレルギー反応を引き起こすことも。

初めて飲む人は、配合成分をよく確認しましょう。

体に合わない成分が配合されていたら、絶対に飲まないようにしてくださいね。

水分と食物繊維を摂る

便秘気味の人がカロリミットを飲むと、さらに便秘になることがあります。

カロリミットを飲むときにたくさん水を飲むと、便秘にならずに済みますよ。

また、食物繊維たっぷりの食事をするのもおすすめ!

便秘の副作用が怖いなら水をたくさん飲んで、切り干し大根やごぼう、枝豆など食物繊維たっぷりの食事をとるようにしましょう。

食べ過ぎないようにする

カロリミットを飲んでいるとこれで体重が増えない!と安心して、つい食べ過ぎてしまうことも。

食べ過ぎると下痢や便秘になりやすくなりますよ。

便秘症の人の便が増えてしまうと、排出が難しくなりとっても苦しい思いをすることになります。

また、お腹を壊しやすい人は脂を摂りすぎると下痢になりやすくなるのです。

つい安心して食べ過ぎないように注意してくださいね。

用法・用量を守る

カロリミットは1回4粒、1日3回までです。

これ以上の量を飲んでしまうと、下痢の副作用が起きやすくなってしまいます。

早く痩せたい、早く効果を実感したいと焦ってつい規定量より多く飲んでしまう人もいますが、それをすると大変危険ですよ。

パッケージに書かれている用法・用量をちゃんと守るようにしましょう!

体調が悪いときは飲まない

風邪を引いていたり、疲れていたり、ストレスが溜まっていて体調が悪いときにカロリミットを飲むと、副作用が起こりやすくなります。

ひどい下痢や腹痛が起こる可能性があるので、体調が悪いときは飲まないようにしましょう!

特にお腹が痛かったり、下痢をしているときに飲むのは大変危険ですよ。

誰でも副作用が起きるわけではない

カロリミットを飲むことで必ず下痢や便秘になるというわけではありません。

もともと胃腸が弱いと下痢になりやすくなり、もともと便秘になりやすい人は便秘になりやすくなります。

特に女性は毎月生理があるので、下痢や便秘になりやすいのです。

副作用が起きたときはその原因をしっかり見極めることが大切ですよ。

カロリミットで副作用が起きないようにする5つのこと:まとめ

カロリミットを飲むと下痢、便秘の副作用が起きることがあります。

しかし、副作用が起きないようにする方法があるので、安心してください!

①成分を確認する

②水分と食物繊維を摂る

③食べ過ぎないようにする

④用法・用量を守る

⑤体調が悪いときは飲まない

初めてカロリミットを飲む人は、上記の5つのことを心掛けて飲むようにしてくださいね♪