メタバリアS 食後
サプリの飲むタイミングがよくわからないという方は少なくないのではないでしょうか。

薬が処方されるときは医師や薬剤師から飲み方の指示を受けることができますが、サプリは自分で好きなものを購入して飲むという流れがほとんどですよね。

サプリによっては飲むタイミングが重要になるものもあり、飲むタイミングを間違えると効果を実感できないものもあります。

薬じゃないから~!と思うかもしれませんが、サプリの効果を実感するためには商品特徴をよく知ったうえで摂取することが大事となります。

メタバリアSも商品特徴を知ると自ずと飲むタイミングが重要であることがわかるサプリです。ではそんなメタバリアSはいつ飲めば良いのでしょうか。

メタバリアSを飲むタイミグは食事がキーワードとなりますが、食後に飲めば良いのか、食前に飲んだ方が良いのか気になりますよね。食後に飲むのと食前に飲むのとで効果は変わるのでしょうか。

>>【540円でお試し】メタバリアSのトライアルパック特設ページはこちら

メタバリアS

メタバリアSは食後に飲む?食前に飲む?

メタバリアSは日本初のWの機能性表示食品として知られています。

その機能とは糖をブロックすること、そして腸内環境を整えることです。

健康面に気を遣っている方やダイエット中の方の中には糖質オフの食事を心がけているという方も多いですよね。

この糖質オフ習慣をサポートする役割をメタバリアSは持っているので、飲むタイミングはやはり食事時であることが想像できますよね。

筋力増加のためのサプリなどは、筋トレ前や後に摂取すると効果的だろうと予想がつくのと同じことです。

メタバリアSに含まれるサラシア由来のサラシノールは、消化酵素の分解を抑えて糖が吸収されにくいように働きかけることができます。

また食後の血糖値の上昇を抑制したり、小腸で吸収されなかった糖が大腸のビフィズス菌を増やすという働きももっています。

このことにより糖が善玉菌のエサとなって腸内環境を整えるため、お腹がスッキリに繋がる可能性もあります。

こうしたメタバリアSの効果を見てみると、メタバリアSは食後に飲むよりも食前に飲んだ方が効果を発揮することがわかりますよね。

実際にメタバリアSを愛用している方の声を見ても食前に飲んでいる人が多くいます。

食後ではなく食前に飲むことで、この後に食べる糖の吸収を抑制してくれるので食事の直前というよりも食前30分前を目安に飲んで成分を体内にとりこんでおくとより良いでしょう。

食後に飲むと?

空腹のときにサプリを飲むと胃が痛くなるという方や、食後にサプリを飲んでいないことに気付くという方もいるでしょう。

メタバリアSの販売元であるFUJIFILMによると、“食後しばらくしてからの使用はすすめていない”と記載があります。

食事の直前もしくは食事中に飲むのでもOKということですが、食後に飲んでもあまり効果を実感できないということでしょう。

メタバリアSは食事中の糖の吸収を抑える効果があるため、食後に飲んでもあまり作用しないということになります。

食前に飲み忘れたから食後に飲もうということであれば、その食事時は飲むのをやめて次回の食事の前にしっかりと摂取した方が効果を実感できるかもしれません。

効果実感できないと何のために飲んでいるのかわからなくなり、続けにくくなってしまうと思うので効果を感じられるタイミングを守って摂取するようにしましょう。

メタバリアSを飲むタイミングは食後ではなく、食前となります。食後に飲んでも効果を実感できないことがあるので、食前に飲むことを習慣つけておくと良いですね。

メタバリアSがもつ効果や作用を知ると、自ずとどのタイミングで飲むのが良いのかがわかってきますよね。食前に飲むことで食事に対する不安も解消され、美味しく食事がとれるかもしれませんね♪

>>【540円でお試し】メタバリアSのトライアルパック特設ページはこちら

メタバリアS