カロリミットを服用しているユーザーの間で一番心配されていること。

それが食後の「飲み忘れ」です。

しかし、カロリミットのタイミングを全然気にしない人もいますよね。「逆に、食後に飲んだ方が効く気がする!」と、あえて食後のカロリミットを選択している方も。

カロリミットは食後でも本当に効果があるのでしょうか?残念ながら、食後にカロリミットを服用しても、あまり効果はありません。

理由は以下の通りです。

・サプリが溶けだすよりも、消化の方が早く終わってしまうから
・サプリのコーティングが溶けるまでに時間がかかるから

このように、カロリミットは食後の「消化が始まっている胃」に入れても意味はないのです。もし飲み忘れてしまった場合は、次回の食前に、早めに飲んでしまいましょう。

また、飲み忘れた時の緊急措置に「粉にして飲む」という方法をとる人はいませんか?カロリミットはコーティングされた状態で胃に届けないといけません。粉にして飲むと、途中で成分がすべて分解されてしまいます。食後に飲み忘れても、粉にして砕いて飲むのはやめておきましょうね。

どうしもて食前に飲めない・・・そんな時

食前に飲まなきゃダメ!と言っても、突然、同僚と飲みに行くことに・・・なんてことはありませんか?仲の良い友人なら「ダイエット中だから」で断ることも出来るかもしれませんが、職場の同僚となるとそうはいかないこともありますよね。

・・・というより、

本当にカロリミットを飲まなきゃいけない時に限って、
カロリミットを持ち歩いてない(爆)

というのは、あるあるですね(笑)

本当によくある状況です。たとえ常備していたとしても、周りの目を盗んで食前に飲めるかどうかは、また別の話。

そういう方には「大人のカロリミット」のほうが合っています。大人のカロリミットは規定量が1日1回というのがポイントです。

もちろん基本は大人のカロリミットも高いカロリーの食前に飲んだほうが良いと言われていますが、

代謝に良いブラックジンジャーが入っている
1日1回飲めばいい

という特徴から、毎朝、出勤前に飲むのを習慣にしている方もいます。

↓しかも、大人のカロリミットには「お試し」もあります。

14日分セット980円で買えるのはなんとファンケル公式の特設サイト>>>>>

大人のカロリミットなら、必ずしも食前に飲むことを守らなくても良くなりますから、突然のお誘いでも遠慮なくご飯を食べれます♪

カロリミットを飲むタイミングはやっぱり食前がおすすめ

カロリミットで確実に「太らない」ようにする方法があります。それが「カロリミットの飲むタイミングを食前に固定すること」です。

カロリミットは飲むタイミングを食前にすることで一番強い効果が発揮できるサプリメントです。食後の色々なものが混ざっている胃の中では十分に成分を行きわたらせることができません。

なぜなら、カロリミットに配合されているのは、すべて「食事のカロリーを抑制する」ためのエキスなのです。食事が胃の中に吸収される前が勝負、ということですよね。

つまり、食後に飲んでもそれほど効果がのぞめるわけではありません。それどころか、成分が溶け出す前に排出されてしまう可能性もあります。

カロリミットを飲むタイミングは、かならず食前にしましょう。特に、食前に飲むことによって大きな効果を発揮する成分があります。

それがインゲン豆成分。インゲン豆成分は、炭水化物の素早い消化吸収もストップしてくれるのです。炭水化物は消化が早いので、食前のカロリミットは効果抜群ですよ!